Across the Sunlit Path

陽のあたる坂道

Grade 1.5
Performance Time: 3'50"
Publisher: Eighth Note Publications / Alfred (2018)

      


Across the Sunlit Pass was the composer's first composition for concert band written in early 2002, when he was 15 years old.
Minor revisions were done after finding the long-lost score at the back of the bookshelf in 2017.

The piece is written in classic overture style.
Bold allegro and flowing andante are combined to make this piece an introduction to the classical style for young musicians.


2002年春、15歳の頃に作曲した、私にとって初めての吹奏楽作品です。
ずっとスコアが行方不明になったままでしたが、2017年に本棚の奥から見つかったため、多少の改訂を施し出版しました。

オーソドックスな序曲のスタイルで書かれており、初級バンドがクラシカルなスタイルに触れるための導入として最適です。

邦題は作曲当時多大な影響を受けたDo As Infinityの同名曲より。