Three Preludes

ラプソディー・イン・ブルー

George Gershwin
3つの前奏曲

Grade 5
Performance Time: 5'43"
Publisher: Molenaar Edition (2013)

      




Originally composed for piano, Three Preludes is a good example of the influence jazz had on American classical music of the 20th century. Of the 24 preludes Gershwin had planned to compose, only these 3 remain. Together they form a beautiful whole. A sparkling first prelude is followed by a sultry second, and the piece closes with the up-tempo third.
Naoya Wada has certainly enriched the wind band repertoire with this lovely arrangement.


ピアノのための組曲として作曲された、20世紀アメリカのクラシックを代表する作品。5曲の組曲として作曲され、1926年12月、ニューヨーク市内のホテル・ルーズベルトにて演奏されました。その後1曲はヴァイオリンとピアノのための「ショート・ストーリー」という作品に改編され、もう1曲は「ピアノ協奏曲」に転用され、残された3曲が出版。ジャズやブルースといった音楽を傍に置いていたガーシュウィンらしく、現在のポピュラーミュージックでいうリフが効果的に用いられており、旋律も極めて即興的な作品です。ガーシュウィンは天才的なピアニストでもありながら、意外にも純粋なピアノ独奏曲として作曲されたものはこの作品だけです。
1楽章は原調のまま、2楽章と3楽章は半音下げた編曲になっています。



Recording

The Rise - 2351

Banda Sinfónica Da Policia De Seguranca Pública
José Manuel Ferreira Brito, conductor

Molenaar Edition
MBCD 31.1122.72